遺伝は関係なし!IQやEQ(心の知能指数)は3歳までの経験で決まる

遺伝,脳,経験,IQ,EQ

 

脳科学者が口を酸っぱくしていっていますが、脳は3歳で80%、6歳で90%が完成します。

 

これだけ聞くと「へぇ〜そうなの?」ぐらいしか思いませんよね?!

 

でもIQや心の知能指数と呼ばれるEQ、コミュニケーションに関する能力等も3歳までに80%が決まってしまうということです。

 

例えば散歩中誰にでもめちゃくちゃフレンドリーに話しかける3歳児と、とても人見知りする3歳児がいたとして、その子達が10歳になった時に2人の性格が逆転しているとはなかなか想像つかないですよね。
(どっちが良い悪いと言ってるわけではありません)

 

スポンサーリンク

 

また、将来勉強が出来る子供に育てたいと思っているお母さんは多いと思いますが、低IQの小・中学生に万年「勉強しなさい」と言ったり、高いお金を払って塾に通わせるよりも、3歳までにIQとEQの高い子供に育て上げ後は本人に任せる方がはるかに楽な上に高学歴の子供に育ちます。

 

子供にかけてあげれる時間やお金に限りがあるならどのタイミングで最も『投資』をするかということです。

 

私は0〜3歳までに最大の力を注ぐという事にしたまでです。

 

それじゃ、3歳の時点での脳はどうやって決まるのかというと、『0〜3歳までの経験』で決まるのです。

 

 

IQ・EQを高める経験って何?

遺伝,脳,経験,IQ,EQ

 

個人的にはEQの高い子供に育てれるかどうかはもの凄く重要だと思います。

 

EQはざっくり言うと『自分や他人の感情を上手く扱えるかどうかという能力』です。

 

要するにチャレンジ精神旺盛で何度失敗してもへこたれず、夢を持って一生懸命生きる子に育つかどうかの礎となる性格が3歳までに決まっちゃうのです。

 

で、「3歳までに80%が決まるのはわかったし、3歳の脳は0歳からの経験で決まるのもわかったけど、IQやEQが高まる経験って何?

 

ってなりますよね。

 

なんでも『いかに良質な経験をたくさんしたか』で全てが決まるようです(笑)

 

ここで言う経験は生活環境や親との人間関係なども含みます。

 

『良質な経験』って何?

 

ってキリないっ(;;゚д゚)

 

スポンサーリンク

 

正直なところ3歳の時にはもう出来上がっちゃってると思うので、我が家で0〜2歳の3年間で3人の子供に実践したことを箇条書きします。(青字は夫が担当)

 

 

日々の生活の中でした事
  • 朝7時に子供の部屋に起こしに行きテンション高く笑顔で「おはよう!」と言う
  • 着替えをしながら1日のスケジュールを話す、特に予定がない日がほとんどだが1つでもその日の予定を言う
  • 2歳からは毎朝夫と一緒に犬の散歩に行く
  • 夫は散歩中に、他の犬の散歩をしている飼い主さんに挨拶をする
  • 散歩には虫かごか植物図鑑を持って行き、知らない草花は虫かごでもち帰るか図鑑でその場で調べる
  • 子供が「イヤ」と言うとたいていの場合「嫌ならしなくていいよ」と言っていたが「やっぱりする」と言ってきた時は「お願いします」か「ごめんなさい」と言わせる
  • 自分でやりたい時期になると出来ることは極力自分でやらせる
  • 「ごめんなさい」「ありがとう」を親がたくさん使う
  • 掃除や自分のご飯の準備などのお手伝いをしたいといってきた時は、ほんの少しでいいからやらせてあげて、もちろん「手伝ってくれてありがとうね」という
  • 子供が何を言っているのかわからない時には「ごめんね、ちょっと聞き取れない」という

 

色々と辛い朝もあったけど、毎朝必ずテンションを上げて起こしにいっていました。

 

聞き取れなかった時は必ず「ごめんね」と言っていたので、自分の話す言葉に自信を持ちとても積極的に話をする子供達になりました。当然言葉を覚えるのも早かったです!

 

スポンサーリンク

 

親がしたこと
  • 外出時はメモ帳を持ち歩き何でもメモる姿を見せる
  • 自宅ではリビングの壁掛A4バインダーとカレンダーに、予定・子供の為の気づき・やりたい事・やらなければいけない事等を何でもメモる
  • 子供の前で読書する
  • 辞書と図鑑とタブレットをリビングに置いておき、わからない事があればその都度調べる
  • 長女が生まれた時にテレビを撤去
  • スマホは子どもの前では触らない
  • やると宣言したことはやり切る、又は継続し続ける、止める時はしっかり理由を説明してから止める
  • ごまかさない、うそをつかない
  • ため息をつかない
  • 和気あいあいとする
  • 夫とつまらん喧嘩をしない
  • 理解できなくてもとにかく子供に理由を説明する
  •  

『子供が育つ魔法の歌』 P5 著者:ドロシー・ロー・ノルト

和気あいあいとした家庭で育てば子どもは、この世はいいところだと思えるようになる。

 

この詩のフレーズを胸に刻み、和気あいあいな家庭は常に意識していました。

 

子は親のするようになるので、嘘やため息など子供にしてほしくない事はしないようにしました。

 

 

子供にしてあげた事

遺伝,脳,経験,IQ,EQ

  • 読み聞かせ語り掛けをたくさんする
  • 童謡を歌ったり、童謡CDをかけたりする
  • 英語教材のCDをかけながら英語の絵本をめくってあげる
  • リビングに日本地図・世界地図・地球儀・図鑑・子供辞書を置いておき、わからない言葉を質問された時や絵本で地名や地球の事が出てきた時にそれらを使って説明をする
  • たくさん散歩する、公園に行く、バス、電車、新幹線、モノレール等、子供が絵本で興味を示したものには1回でいいので実際に乗りに行く
  • 飛行機や船は乗るのが困難なので実物を見に行く
  • お寺・神社・お城に行く
  • 動物園・植物園に行く
  • 博物館・絵画展・親子で楽しむコンサートに行く
  • 毎週末お弁当を持って図書館に行く

 

スポンサーリンク

 

『頭がいい子の家のリビングには必ず「辞書」「地図」「図鑑」がある』 P83 著者:小川大介

家に帰り、そこで見たものを図鑑で確認する。反対に、図鑑で見たものを確認しに、博物館や動物園に行く・・・。その繰り返しが知識を定着させ、子どもの好奇心をどんどん広げていくのです。

 

(赤字引用者)

 

いきなりキリンを見れば子供は誰でも驚いたり感動したりしますが、私は上記の引用通り本や図鑑で見て実物を見る(又はその逆)という事が、とても大事だと確信してたので、興味を持ったものはできるだけ実物を見せに行ってあげました

 

その際つまらないかどうかを決して親が判断しないようにしました。

 

博物館とか神社とか、まぁ興味なかったですが頑張りました(笑)

 

 

やるだけやった、悔いはない。

 

 

おすすめスポット

関西圏の方なら飛行機は伊丹スカイパークが超おススメです!

 

間近で離着陸を見れるし、子供の歳に合わせた遊具もたくさん。

 

更に行き帰りに大阪モノレールにも乗れるという優れもの。

 

動物園のおすすめはアドベンチャーワールドですが、金欠の時は入園料が激安の天王寺動物園かな〜。

 

いずれも1歳〜2歳の時に連れて行きました。

 

また、図書館に隣接するホールで定期的に市が主催の親子で楽しむコンサート(大人500円)やロビーコンサート(無料コンサート)を開催してくれていたので、毎回参加していました。

 

本物の楽器による演奏や生の歌声を聞く良い機会になりました。

関連記事(一部広告)