【重要】夜泣き、寝かしつけは生後半年迄が勝負!

ねかしつけ,夜泣き,1人寝,双子

 

「狭くて場所がなかったから、子どものベッドは台所においていたのよ」というフランスのお母さんがいて驚いた

『子どもの「がまん」を育てる本』 P44 著:田中喜美子

 

長女が生まれた直後に図書館でこの一節を読み『我が家もこれしかない!』と思いました(笑)

 

※ 以下の記述は『我が家はこうした』という話です。生後半年を過ぎれば1人寝により事故が起こる可能性は低いですが、実践する場合は安全であることを確認し、自己責任でお願いします。

 

生後6ヶ月程度経ち、安全に1人で寝れることを確認すると、早速リビングから一番遠い2Fの部屋を長女の寝室に決めて、その日から1人で寝てもらう事にしました。

 

3〜4回夜泣きはあったようですが、結局それだけでした。

 

注意した事はその時、絶対に部屋に行かなかったという事です。

 

行ったら『泣けば来てくれる』と思っちゃいますのでね。

 

スポンサーリンク

 

私も夫も動物好きで現在も2匹の犬を飼ってますが、子犬を飼い始めた時に、「ワンワン」吠える度に「コラッ!うるさいぞ!」と怒りにいくと見事にずっと吠える犬に育っちゃうというのは愛犬家界ではとても有名です。

 

このことは本当にどの犬のしつけ本にも書いてるんですが、赤ちゃんのそれも限りなく犬のしつけに近い。

 

近いというか、構造がそのものです。

 

とまぁ、話が脱線しましたが、そんなこんなで生後半年頃には夜中に一度も起きることなく毎晩8時間ぐらいはぐっすり寝てくれるようになりました。

 

1歳半頃にはお風呂を上ると1人で布団に駆け込み「やっとねんね、やっとねんね」と言って自分から喜んで布団に入り、

 

2歳頃には夫が酔っぱらって「今日はパパも一緒に寝てみようかな〜」っと、長女の布団に入ると「バイバーイ」っと部屋から追い出されるようになっていました。

 

一緒に寝れない寂しさはありますが、1人で勝手に寝てくれるというのは言うまでもなく、めちゃくちゃ楽です。

 

 

スムーズに1人寝へ移行させるには・・・

ねかしつけ,夜泣き,1人寝,双子

 

ただ、スムーズに夜泣き無しの1人寝をさせる為には条件があります。

 

1人寝に移行させるまでの期間、つまり生後0〜6ヶ月までの間に『泣けば抱っこ』『泣けば添い乳』をしないということです。

 

理由は簡単で、最初は赤ちゃんも『お腹が空いた』『おむつが汚れている』など、不快なことがあるから泣くのですが、生後2〜3数ヶ月もすると『抱っこをしてくれ〜』『飲む気ないけど安心したいからお乳をくわえさせてくれ〜』っと、どんどん要求がエスカレートして泣くようになってくるのです。

 

その一番最初の部分で要求をのまないという事がとても大切なのです。

 

スポンサーリンク

 

私の知り合いにずっと泣けば抱っこで育てていたお母さんがいました。

 

何でも赤ちゃんが大きくなってきて体力的に辛くなってきたらしく、電動式のゆりかごベッドを買ったとのこと。

 

そしてしばらくしてそのお母さんと話す機会があったのですが、

 

最近は電動だと怒るんですよ。手動(ママが抱っこ)じゃないと嫌って・・・

 

と言われた時には失礼ながら本人の目の前でふきだしてしまいました(笑)

 

生まれてすぐの頃から『泣けば抱っこ』『泣けば添い乳』をしていると生後6ヶ月程経って、さぁ1人寝を開始しようとした時には、『泣けば抱っこかお乳がもらえる』ということが赤ちゃんの頭にインプットされている状態になっているので、1人寝をさせた場合泣かれてしまう可能性はあります。

 

ただ、生後6ヶ月ならまだ間に合うと思います。

 

集合住宅の人は泣かし続けるのは難しいかもしれませんが、泣けば抱っこは単なる一時しのぎに過ぎず、続けていると赤ちゃんの要求は更にエスカレートするし、成長するにつれて声も体重も大きくなってくるということは肝に銘じておきましょう。

 

 

我が家はこうだった!0〜12ヶ月迄と1歳以降

ねかしつけ,夜泣き,1人寝,双子

 

我が家の場合、生後0ヶ月〜6ヶ月までは赤ちゃんが泣くと、授乳時間じゃないか、おむつはぬれてないか、その他不快な要素を取り除いてあげて、それでも泣く場合は、手が空いていれば「どうしたの〜?」っと体をさすってあげたりしましたが、たいていは放置してました。

 

その他の不快な要素と言っても、暑い寒いで泣いた印象はあまりないかな?

 

それで泣かれても日本の夏は暑いもんなんでどうしようもないですしね。

 

また、えらいギャンギャン泣くな〜っと様子を見に行くと自分のミルクゲロで耳から髪の毛までビッチャビチャだったことはありましたね。

 

あれはきっと不快だったにちがいない(笑)

 

まぁなにはともあれ、不快なことを取り除いても泣く場合、眠たい泣きか、かまって泣き(わがまま泣き)がほとんどだと思います。

 

泣く度に抱っこをしていると気づけけないですが、最初の頃は少しかまってあげるだけで泣き止むことも結構あるんですよ。

 

もちろん泣けば抱っこを刷り込んじゃったあとだと、ほとんどの場合、身体をさするぐらいじゃ泣き止みませんが。

 

そして、そのうちわがまま泣きかどうなのかも聞き分けれるようになってきます。

 

また、抱っこは絶対しないという極端な話ではなく、抱っこは私がしてあげたい時にしてました。

 

そもそも昔のお母さんは5人も6人も子どもがいた上に、家電製品もない中で重労働の家事をやりつつ、赤ちゃんが泣くたびにいちいち抱っこなんてできてたはずがないですよね?

 

じゃあ昔の子どもは今の子どもよりも愛情不足だったのかというとそんなはずありませんよね。

 

我慢できない』モンスターチルドレンは現代の方が確実に多いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

体重増加量を把握してしっかり放置

 

私は全員母乳で育てましたので、特に双子の時はしっかりお乳が飲めているのかどうか不安でした。

 

栄養士さんから「栄養やカロリーは1日単位ではなく1週間単位できちんととれているかが重要」と聞いていたので、2週間に1度保健センターで体重を測定してもらい1日当たりの体重増加量の把握をするようにしていました。

 

長いスパンで見て1日当たりの平均体重増加量が問題ないという事は、日々の授乳量は問題ないということなので、安心して放置できました。

 

 

部屋を与えて1人寝チャレンジ

 

そういった経緯で生後半年頃、部屋を与えて1人寝にチャレンジさせました。

 

1人寝にチャレンジさせるをタイミングは最短がいいです。

 

最短というのは、寝返ってうつ伏せになってもその後自力で首を横に向けたりできる=『1人でも安全に寝れる時期』ということです。

 

お母さんと一緒に寝る期間が長くなればなるほど、後々1人で寝させるのに苦労することになります。

 

ちなみに双子の時は、部屋が足りなかったのでカーテンで区切りました。

 

 

基本的には夜泣きは最初の2〜3日だけ

 

夜泣きは1人寝にチャレンジさせた最初の2〜3日だけでした。

 

私の子供は全員そうだったので、1人寝チャレンジ迄の下準備がしっかりできていればどのお子さんでも結果はでると思います。

 

ただ、旅行や非日常だった日等は布団に寝かせた際に泣き出したり、夜中に突発的に夜泣きが始まることが1歳ぐらいまでは稀にありました。

 

夜中に突発的に夜泣きが始まった場合、私も2Fの隣の寝室で寝ているので泣き声はそこそこ大きな声で聞こえます。

 

ただ、そこで行ってしまうと翌日からさらに苦労することはわかっていたので、そこでも絶対に行きませんでした。

 

長女と双子の計3人の平均でいうと、生後6ヶ月で1人寝をチャレンジさせて、チャレンジ開始直後の夜泣きを除けば、生後12ヶ月迄の半年間で2回ぐらい夜中に10分程度の夜泣きがあったという感じです。

 

泣いたところで誰も来ないというのがわかっているから10分で泣き止むのです。

 

スポンサーリンク

 

1歳を過ぎると夜泣きは全くない

 

布団に寝かせる際に泣き出したことも極稀にありましたが、私は「お休み、バイバイまた明日」と毎日の決まり文句を言って1Fリビングに戻りますので、泣き声もほとんど聞こえなくなります

 

なので、その後はよくわかりませんが、たいていすぐに泣き止んでたと思います(笑)

 

私は冒頭で引用したフランスのお母さんの真似をしただけですが、この『よくわからない』というのは改めて重要だと思いますよ。

 

近くで大きな声が聞こえていると抱っこしちゃったり、イライラしちゃったり・・・するかもしれませんしね。

 

そして1歳を過ぎると夜泣きはないです。

 

寝かせる際に泣くこともないです。

 

祖父母の家で初めて1人寝した時も、大人達の話し声が聞こえにくい遠い部屋を用意してもらい、『ねむたいねむたい』を読んで(下記参照)、電気を消して「お休み、バイバイまた明日」でおしまいです。

 

楽チンです。

 

 

寝る直前の儀式『ねむたい ねむたい』

 

多分本ではなく、ネットで見かけたと記憶しているんですが、『寝る前に毎日同じ本を読んであげていると、その本を読んだ後すぐ寝てくれるようになる』というもの。

 

夫と相談し、やってみようか!ということになりました。

 

寝かしつけの為の読み聞かせではなく、あくまでも寝る前の儀式的なものにしたかった為、とても短い本を図書館で探しました。

 

そして、やぎゅうげんいちろうさんの『ねむたいねむたい』が良さそうということになり購入し毎晩読むことにしました。

 

場合によっては30秒ぐらいで早読みすることもありますが、普通に呼んでも1分ぐらいで読めるので、生後半年から寝る前には毎日欠かさず読むようにしていました。

 

そして、読み終えて布団に子供を入れたあと「バイバイ、お休みまた明日〜」っと言って電気を消して部屋からでるという感じです。

 

効果はわかりません。

関連記事(一部広告)